美容整形外科の痩身施術できれいなスタイルを作ろう

美容整形で脂肪除去

脚を上げる人

脂肪吸引の特徴

分厚くなった皮下脂肪から脂肪細胞だけを取る美容整形に脂肪吸引があります。カニューレという脂肪吸引管を体にいれて脂肪を吸引する手術で、しっかりと脂肪を取りたい人に最適です。外科手術になりますが、無駄な脂肪をダイレクトに吸引できます。ベイザーリポやエルコーニアレーザーなどの最新型の脂肪吸引なら90%に近い皮下脂肪をごっそり取ることが可能です。カニューレを使う脂肪吸引に対して、体を傷つけないで行う脂肪吸引を「切らない脂肪吸引」や「プチ痩身」と言います。具体的にはラジオ波や超音波などの脂肪溶解効果がある光線を照射したり、痩身作用がある注射や点滴をしたりする方法です。これらの方法はそのまま脂肪を取る脂肪吸引と比べると痩身効果は劣ります。しかし、手術をしなくていいので気軽にできるところが魅力です。急激に脂肪がなくなると体の変化についていけずに皮膚がたるむことがあります。しかし、切らない脂肪吸引ならゆっくりと痩せていくので体に負担がかからず、自然にサイズダウンすることができます。

リスクが少ない方法

それほど脂肪が多くない人、部分痩せをしたい人、なるべくリスクを回避したい人などの多くは、切らない脂肪吸引を選択しています。キャビテーションなどの痩身治療は、メディカルエステでもできる人気のトリートメントです。ダイエットしたい部分に超音波をあてるだけで、無駄についた脂肪細胞が破壊されてなくなります。顔にラジオ波を照射するサーマクールは人気の若返り治療ですが、痩身効果もあります。顔痩せ効果が高く、ブルドック状になった二重あごの解消ができます。顔全体がリフトアップするので、高い小顔効果があります。脂肪溶解注射は人気のプチ痩身です。代謝をアップさせる効能がある薬液を注射して、脂肪排出を促す治療です。超音波やラジオ波をあてる治療は定期的なメンテナンスが必要です。しかし、脂肪溶解注射をすれば脂肪細胞そのものがなくなるので、メンテナンスが不要で痩身効果が持続します。部分痩せやセルライト解消が皮膚を切らずにできることから、最近注目されているプチ痩身です。

Copyright © 2016 美容整形外科の痩身施術できれいなスタイルを作ろう All Rights Reserved.